おかげ横丁

伊勢神宮の内宮の参道前にある「おかげ横丁」は、伊勢神宮のパワースポットブームとともに、ますますの賑わいを見せています。

どこかレトロな雰囲気と、ええじゃないかで有名な江戸時代のおかげ参りを彷彿とさせる、歴史感じる情緒ある街並みに、ところせましと三重県の特産品などを扱うお店が並んでいます。

この「おかげ横丁」で、最も人気のあるお店が、三重県のお土産として全国的に有名な「赤福」の本店。

今や赤福は、名古屋などでも買えますが、おかげ横丁の赤福本店では、目の前で赤福を伝統的に作っている姿も見れますし、季節限定の赤福氷というかき氷や冬限定のぜんざいも食べられるとあって、いつも長い列ができています。

それになぜか「おかげ横丁」の赤福本店で食べる赤福は、お土産でいただいたものより格段に美味しく感じるんですよね。できたてだからでしょうか。

でも、「おかげ横丁」でいただくべきは、赤福だけではないんです。とにかくおいしいものが沢山の三重県。
松坂牛や、伊勢志摩の海産物などが豊富ですから、おいしいものがずらっと売られています。
「豚捨」というお店が横丁にありますが、豚肉を捨てるほど牛肉がおいしいということからつけられた名前らしいです。中には松坂牛ソフトクリームなどもありますよ。
三重県のおいしいものを一気に食べられるのはさすが「おかげ横丁」といったところ。

ぜひ伊勢神宮参りの後は、おかげ横丁で三重県のおいしいもので食い倒れてくださいね。