人気のご当地グルメ

三重県は、宿場町の面影を残した町並みがあり、豊かな海産物にも恵まれたところです。三重県の名産品には、おいしい食べ物がたくさんあります。

まず、お土産品として全国的に有名なのは赤福です。1707年に誕生したこのお菓子は、餅にこしあんを載せたシンプルなものです。その形は伊勢神宮付近を流れる五十鈴川に由来しています。
白い餅は川底の小石をかたどり、あんについている三本の筋は清流を表しているそうです。

また、伊勢うどんも有名な料理の一つです。
これは、やわらかく煮込んだ極太のうどんに、つゆをからめたうどんです。このつゆにはたまり醤油や鰹節、いりこなどなどが使われており、濃厚な味わいが楽しめます。
伊勢うどんは、江戸時代以前、農民が地味噌のたまりをつけたうどんにだし汁を加えたのが始まりと言われています。その後、伊勢うどんを扱う店ができ、お伊勢参りの客の間に広まっていきました。
現在は、家庭での日常食として定着しています。

また、手軽なおやつとしては、アイスまんじゅうも人気を集めています。
これは、まんじゅうの形をした小豆アイスを、棒に刺したものです。小豆だけでなくミルクも使われており、両方の味を堪能できます。夏の味覚として、全国的に広まりつつあるそうです。

この他にも、三重県には名産品が多く存在します。高級牛肉の代名詞ともいえる松坂牛、世界で高評価を得ているミキモト・パール、ぷりぷりの食感が楽しめる伊勢海老などです。
三重県を旅する際は、こうした名産品をチェックしたいものです。