三重の名産のお菓子いろいろ

三重県に住んで思うのは【三重県の名産といわれるお菓子には餅菓子が多い】という事です。

誰もが知っている伊勢の赤福はお餅に上にこしあんを乗せたものですが、あれって今でも手で作っているんです。
赤福をよく見るとこしあんの表面が奇麗に波を打っていますが、あれは人の指の形なんです。ちなみに伊勢には他にも【御福餅(おふくもち)】と呼ばれる餅菓子があります。
パッケージから餅自体から、何から何まで赤福餅にそっくりなのです。知らない人に見せたら区別がつかないと思います。どちらの餅の方が起源が早いのかは知りませんが。

四日市、桑名にはそれぞれ【安永餅】と【なが餅】という銘菓があるのですが、これもそっくりです。
小判をもっと伸ばしたような餅の中にアンコが入れてあります。冬にはストーブの上で焼いてもおいしいお餅です。

もうひとつ四日市には【采女(うねめ)の里】という餅菓子があります。
実はこれは私が一番好きな和菓子なのですが、モナカの中に餅も入っているという餅菓子です。

というように三重はやたら餅菓子のオンパレードなのですが、私が勝手に考えるのは三重は昔からお伊勢さん参りをする人、あるいは東海道を通る人が多くて、茶店がお茶と共にこの餅菓子を出していたんじゃないかと思うのです。旅をする人に腹持ちのいい餅菓子を提供していたんじゃないかと推察するのです。
つまり接待用のお菓子と共にカロリー源でもあった、という訳です。その他にも伊勢には返馬餅(へんばもち)というのもありますしね。