オススメの名産・特産品

三重県伊勢市と言えば、伊勢神宮で有名であり、ここの有名なお土産と言えば「赤福」。しかし、忘れてはいけない名産品がもう一つあります。それは「伊勢うどん」。

伊勢神宮の参道である「おかげ横丁」を歩いていると、「伊勢うどん」の看板もよく見られます。その名の通り、伊勢市の名物である伊勢うどんですが、これが一般的な「うどん」を想像しているとびっくりすることになります。

伊勢うどんを注文し、登場したものは、なんと汁のないうどん。冷やしのぶっかけとかではありません。
湯気はもくもくと出ています。あたたかいゆでたてのうどんに、これがまた真っ黒なタレがかかっているだけなのです。ちなみに、うどんは激太です。

そして、もう一つ驚くのが具。具はありません。ネギとかつおぶしが乗っているだけなんです。つまり、真っ黒なタレと、ネギ、カツオブシをまぜて、ずるっといただくのが「伊勢うどん」なんです。

さあ、食べてみてまた驚きますよ。とにかく、伊勢うどんに「コシ」はありません。ふやけているのかな、と間違われるほどに柔らかくふわふわなんです。
今の流行は全国的に讃岐うどんですから、コシがツルっとしているうどんが主流なのですが、伊勢うどんはそんなのおかまいなし。
讃岐うどんの倍ほどあろうかと思われる太さで、しかもとにかく「コシ」のない柔らかさなのです。

でも、柔らかいからこそ、タレがよく絡むのです。タレも真っ黒ですが、全然辛くはありません。伊勢醤油のたまり醤油が使われているので、黒く感じますが、味わい深くコクがあってちょうど良い味わい。

ふんわりした食感もやみつきになる人もいます。中には、お土産で家でできるタイプの伊勢うどんパックを大量買いする人もいるとか。

赤福の次にぜひチェックしたい三重県伊勢市の名物です。