様々な風土を持つ県

三重は南北に長い県ですので、それぞれ北部、中部、南部、そして西の方にある伊賀に大別できます。
同じ三重県なのですが、それぞれの地域によって風土は違っています。

北部の四日市、桑名あたりは名古屋圏に位置します。テレビも名古屋圏のテレビ局の放送が流れます。
北部にある長島町という町の言葉は非常に名古屋弁に近いです。このあたりには名古屋へ通勤・通学する人が多く住んでいます。

一方南部は関西圏です。北部・中部が【中部電力】なのに対して、三重の南端では【関西電力】を使用しています。
店に買い物行って、店主が客に礼を言う時などもも北部・中部ですと普通に【ありがとう】ですが、南部では【おおきに】になります。テレビも関西ローカルの放送圏内です。

もともと三重県は江戸時代に【伊勢】の国と【紀伊】の国に分かれていたのです。
三重の南部に【紀勢町】という町がありますが、町名はその名残です。この町あたりが江戸時代の両藩の境界だったそうです。

伊賀については完全に大阪圏です。名張などという町は近鉄電車で1時間もすれば大阪に到着しますので、大阪への通勤・通学圏です。

残った中部こそが本当の三重県らしさのある地域ではないでしょうか。三重県らしさというのは、いわゆる【おっとりタイプ】という事です。

おっとりタイプの人と出会いたい方は、中部出身若しくは在住の三重県民を見つけるべきです。